このページの先頭です

弁護士紹介PROFESSIONALS

ここから本文です

客員弁護士

木内 道祥

Michiyoshi Kiuchi

大阪事務所

06-6227-1951(代表)

木内 道祥

重点取り扱い分野

事業再生・倒産 相続・親子・離婚

経歴

1973年
東京大学 法学部 卒業
1975年4月
司法修習修了(27期)
弁護士登録(大阪弁護士会)
2013年4月
最高裁判所 判事(~2018年1月1日)
2018年3月
弁護士登録(大阪弁護士会)

公職その他の活動

大阪弁護士会 倒産法改正問題検討特別委員会 委員長(2001年4月~2005年3月)
日本弁護士連合会 倒産法改正問題検討委員会 委員長(2006年7月~2010年5月)
大阪弁護士会 家事事件審理改善に関する協議会 座長(2007年4月~2012年3月)
日本弁護士連合会 家族法改正プロジェクトチーム 座長(2010年~2013年3月)
全国倒産処理弁護士ネットワーク 理事長(2012年~2013年)

著作等

通常再生の実務Q&A150問』(全倒ネット実務Q&Aシリーズ/金融財政事情研究会、2021年02月15日発行)を監修

『理由提示の瑕疵による取消判決と処分理由の差替え―提示理由の根拠と手続的適法要件』(「石川正先生古稀記念論文集 経済社会と法の役割」商事法務、2013年 所収)を執筆

『倒産手続における事業譲渡と株主総会決議の要否』(「田原睦夫先生古稀・最高裁判事退官記念論文集 現代民事法の実務と理論」金融財政事情研究会 2013年 所収)を執筆

『家事事件手続法のポイント』(日本弁護士連合会)を監修

『破産法の法律相談』(青林書院)を共編

もっとみる

『Q&A新人事訴訟法解説』(日本加除出版)を共編著

『家庭裁判所に移管される人事訴訟の課題―家庭裁判所は人事訴訟法の改正によってどう変わるのか』(法律のひろば 57巻2号)を執筆

『新再建型手続における担保権の取扱―担保権に対する「評価」制度の導入―』(判例タイムズ 991号)を執筆