このページの先頭です

セミナーSEMINARS

ここから本文です

外部セミナー

「監査役・監査等委員・監査委員のための 『監査報告書』の徹底的検討― コロナ禍の期末監査と検討事項の整理 ―」

開催日時

令和3年2月4日(木)13:30~17:00

(途中1回コーヒーブレイクを取ります。)

主催団体

一般財団法人 産業経理協会

会場

経団連会館 5階 会議室

住所:東京都千代田区大手町1-3-2

電話:03-6741-0222

講師
弁護士 村中 徹 
受講料

26,400円(税込)(非賛助会員1名につき)

24,200円(税込)(当協会普通賛助会員1名につき)

23,100円(税込)(当協会正賛助会員1名につき)

22,000円(税込)(当協会特別賛助会員1名につき)

関連リンク
http://www.sangyoukeiri.or.jp/D/2020D068.html

概要

監査役・監査等委員・監査委員(以下「監査役等」といいます)の皆様が期末に作成すべき監査報告書は、当該事業年度の監査結果の集大成として重要な意義を有しますが、決算スケジュールに即して、執行部門及び会計監査人と連携し、会社法を初めとする法令を遵守して、適式に作成することが要求されます。かかる対応に際しては、期末に先立つ事前準備として、監査報告書の作成・提出を巡る法的規律と実務上の検討事項を整理することが必要です。とりわけ、本年は、コロナ禍の下で決算・監査の手続を行わねばならず、例年の監査への取組みとは異なる考慮も必要ですし、2021年春にはコーポレートガバナンス・コードの再改訂が、また3月には改正会社法の施行も予定されており、計算書類・事業報告等の総会関係書類についての監査に先立ち、前提となる規律やコードの内容を確認し、監査上の着眼点を整理することも必要となります。

本セミナーでは、期末監査に先立ち、監査役等として、把握すべき規律等を概観し、監査報告書の作成にまつわる期末監査における実務課題を整理し、監査役等が監査報告書の作成に際して留意すべき事項について、監査役等の実務に長年携わり、監査報告書の作成の実務に通じた講師が平易かつ詳細に解説を行います。

監査役等の皆様にとって、期末監査を控えて、本年の取り組み課題を概観し、留意点を確認する格好の機会であり、奮ってご参加賜りますようご案内申し上げます。