このページの先頭です

セミナーSEMINARS

ここから本文です

外部セミナー

「With/After コロナを踏まえたリスク管理上の実務課題の検討」

開催日時

令和2年12月15日(火)13:30~17:00

(途中1回コーヒーブレイクを取ります。)

主催団体

一般財団法人 産業経理協会

会場

経団連会館 5階 会議室

住所:東京都千代田区大手町1-3-2

電話:03-6741-0222

講師
弁護士 村中 徹 
受講料

26,400円(税込)(非賛助会員1名につき)

24,200円(税込)(当協会普通賛助会員1名につき)

23,100円(税込)(当協会正賛助会員1名につき)

22,000円(税込)(当協会特別賛助会員1名につき)

関連リンク
http://www.sangyoukeiri.or.jp/D/2020D060.html

概要

 コロナ禍のもとでの事業運営は長期化の懸念が強く、企業の経営管理においてもその厄介な経営環境をリスク管理の前提として組み込み、適切な対処が求められるところです。特にコロナ禍に起因して業績が低迷する結果、これまでには顕在化しなかった不正リスクが生じるほか、リモート勤務やWEB会議等を活用した業務運営は、従前とは異なる雇用上のリスク管理の課題を生むほか、経営層のガバナンスの在り方や、監査・モニタリングの方法等にも多大な変化を迫るなど、新たな検討課題を生起させているところです。

 本セミナーでは、コロナ禍によって引き起こされるリスク管理上のテーマの変化やその背景を概観し、それぞれのリスクについての実務上の検討課題を整理するとともに、取り組みの着眼点を提示することを狙いとした解説を行います。期末の決算・監査等への対応を含め、コロナ禍のもとでの企業経営上のリスク管理の視点について分析する格好の機会として、奮ってのご参加を賜りたく、ここにご案内を申し上げます。


1.コロナ禍によるリスク管理におけるテーマの変化

 (1)企業業績の低迷と不正リスクの増大

 (2)リモートによる業務運営の多用

 (3)経営管理の手法の変化

2.業績の低迷に伴うリスク管理の課題

 (1)与信管理

 (2)サプライチェーンの管理

 (3)取引先との契約条項の見直しの課題

3.働き方の変革に伴うリスク管理の課題

 (1)リモート勤務の広がりと雇用管理の課題

 (2)リモート勤務の諸態様と就業規則等の手当ての要否

 (3)リモート勤務の拡大と情報管理の課題

 (4)従業員の出向・派遣等の労務シェアリングの課題

4.リモートを活用した業務運営と内部統制の構築・運用の課題

 (1)取締役会等のリモート運営

 (2)内部統制の構築・運用と見直しの課題

 (3)グループ・ガバナンスの運用の課題

5.決算・監査におけるリモートの活用におけるリスク管理の課題

 (1)決算・監査のスケジュールについての検討

 (2)監査役等の活動と検討課題

 (3)内部監査部門の活動と検討課題

 (4)その他



お問い合わせ先

一般財団法人 産業経理協会

住所:東京都千代田区神田淡路町1-15-6

電話:03-3253-0361

http://www.sangyoukeiri.or.jp/D/2020D060.html