このページの先頭です

弁護士紹介PROFESSIONALS

ここから本文です

弁護士

毒島 光志

Koji Busujima

大阪事務所

06-7669-8942

毒島 光志

重点取り扱い分野

人事・労務、M&A、コンプライアンス、ベンチャー支援、民事、家事

経歴

2003年3月
私立洛星高等学校 卒業
2007年3月
京都大学 法学部 卒業
2009年3月
京都大学法科大学院 修了
2009年9月
司法試験合格
2010年12月
司法修習修了(新63期)
弁護士登録(大阪弁護士会)

公職その他の活動

経営法曹会議 会員
関西商事法研究会 会員
日本CSR普及協会近畿支部 雇用労働研究会 事務局

著作等

「Q&A 会社のトラブル解決の手引」(1998年3月発行、2020年補訂、新日本法規出版)を共著にて執筆

ビジネス法務Q&A<5>『定年後の従業員の再雇用制度』についての記事(「大商ニュース」2018年11月10日発行)を執筆

海外勤務者に関する税務上の問題点』(「BUSINESS LAWYERS」2018年3月27日公開)を執筆

移籍出向の場合、海外駐在中の日本の社会保険上の取り扱いはどのようになるか』(「BUSINESS LAWYERS」2018年3月26日公開)を執筆

在籍出向の場合、海外駐在中の日本の社会保険上の取り扱いはどのようになるか』(「BUSINESS LAWYERS」2018年3月26日公開)を執筆

MORE

外国人労働者を雇用する場合に適用される法律』(「BUSINESS LAWYERS」2018年2月14日公開)を執筆

外国人留学生を正社員として採用する際の留意点』(「BUSINESS LAWYERS」2018年2月14日公開)を執筆

外国人留学生をアルバイトで雇用する際の留意点』(「BUSINESS LAWYERS」2018年2月14日公開)を執筆

外国人雇用状況届の届出方法と記載内容』(「BUSINESS LAWYERS」2018年2月14日公開)を執筆

従業員が65歳を超えても働き続けることができる仕組みと制度設計の留意点』(「BUSINESS LAWYERS」2018年1月30日公開)を執筆

グループ会社を継続雇用先として拡大したいが、どのような契約を締結すればよいか』(「BUSINESS LAWYERS」2018年1月30日公開)を執筆

再雇用制度と定年引上げにはどのような違いがあるか』(「BUSINESS LAWYERS」2018年1月30日公開)を執筆

『実務解説「第186回通常国会 ビジネス関連法ダイジェスト」』(「ビジネス法務」2014年9月号、7月19日発売)を執筆

「差止請求モデル文例集」 (新日本法規出版、2013年3月14日発行)を共著にて執筆

セミナー

過去のセミナー